2010年7月

  • 在来工法、常用大工さんお待ちしてます。

  • 暑いなか奮闘してます

  • 前回の記事の続きです。

    7月21日(水)14:00から埼玉会館小ホールで行われた抽選会でしたが、当日トラブルが有ったらしく、翌日の埼玉新聞の記事でも取り上げられてましたが、当日も昨日の夕方もHPへのUPは確認できませんでした。今朝一番でHPを見て見たら、やっとこ発表されていましたのでお知らせ。早速お客様の番号を確認してみると、やりましたね。当たってました。当選された方おめでとうございます。抽選にもれてしまった方、お悔やみ申し上げます。

  • ホームページで紹介していた記事の続きです。
    7月9日現在の助成申込書の提出件数は1,760件となりました。(いきなり増えた感が….。)

    本日 7月21日(水曜日)に公開抽選会が有ります。[13時30分開場 14時00分抽選開始 会場:埼玉会館小ホール 車でのご来場はご遠慮ください。]
    との事。

    抽選会終了後、当日中に住宅課ホームページにも抽選結果を掲載する予定だそうです。
    ちなみにうちのお客様は、県内業者で申し込みをしているので当選確率が2倍となっていましたが、
    抽選番号を2つもらって、2倍ということみたいです。

    とにかく当たってちょ。

  • 今サンシャイン文化会館で講習会受講中ですリフォームの内容が中心のようです。まず人の多さにビックリw(°O°)wです。

  • 7月12日、13日と群馬県の八ッ場(やんば)ダム周辺の工事現場を見に行ってきました。

    ダム本体の工事は中止になっていますが、周辺の移転先の工事や道路、鉄道といった工事は現在も進行中。

    やんば館という広報施設で工事の必要性やダムの役割などの説明も聞かせて頂きましたが、一言にこれが、必要かそうでないか何てことは、何とも言えない問題だと感じました。
    もし、ダムが完成すれば、飲料水や、水害対策等でお世話になる埼玉県の住人ですが、なかなか難しい問題ですね。

    宿泊させて頂いた、地元の高田屋(ページが無くなっておりました)さんもこの11月で旅館をやめてしまうという新聞記事を見て翌日に宿泊させて頂いたのですが、仲居さんもとても寂しそうでした。

    共同浴場で、地元の方とご一緒させて頂いたのですが、地元の意見も賛否両論だそうです。移転に伴う費用なども、けして十分では無いようで、制度などの問題からかなり困難なようです。

    ダムは作らないと言っても移転は進む。道路、橋は出来る。どこまで本気でやめようとしてるのか、さっぱり分分かりませんでした。見に行ってますます困惑した気がします。

    公共工事の一つの目的に景気対策という目的も有ると思うのですが、今は本体工事が中止になっているのも分かるのですが、見学したコースには、工事は進んでいるのに実際に携わっている人の数がすごく少ない印象でした。予算の削減等で人を減らして機械化も分かります。現代の土木作業なので昔と違うのも分かります。しかし、多くの人が携わり、地元の宿に泊まり、飲み食いをしてそこで一時的にでも町全体が潤わないようでは、景気対策としての公共工事のあり方自体が、やはり問われるのではないでしょうか?

    いずれにせよ、今の状況はどっちつかづで本当に地元の人たちが不憫でなりません。それだけはハッキリ分かって帰ってきました。

  • 基礎工事が着工しました。

    梅雨に入って雨が続き工程も不安定で、梅雨は嫌い。水不足にならない程度で早く明けてほしいものです。